九州/大分、天然掛け流し温泉、七里田温泉(しちりだおんせん)「木乃葉の湯」(このはのゆ)日本一!?とも言われる高濃度炭酸泉の「下湯」(したゆ・したんゆ)
line_broun1

★心のリゾート七里田(しちりだ)温泉

雑踏を離れ、ホット見上げる景色の中、少年の頃に見た青い空にぽっかり浮かんだ白い雲。 時の流れに押し流された歳月の中で忘れ去られた物を思い起こさせる景色がここにはあります。 日常の中で思い起こす事さえ無かった夕焼けを追いかけた子供頃の懐かしい香りのなか、繰り広げられる、初夏の夜の蛍の乱舞、蛙の鳴き声、零れ落ちそうな満天の星、そんな自然の織り成すハーモニーの中で、余りに恵まれ過ぎたこの時代に忘れかけていた、子供たちに伝えたい自然と時の流れを是非 貴方もここで探してみませんか?
line_broun1
七里田温泉館「木乃葉の湯」 > ご案内
九州大分、天然掛け流しの秘湯七里田温泉「木乃葉の湯」|ホーム
九州大分、天然掛け流しの秘湯七里田温泉「木乃葉の湯」|ご案内
九州大分、天然掛け流しの秘湯七里田温泉「木乃葉の湯」|MAP(アクセス)
九州大分、天然掛け流しの秘湯七里田温泉「木乃葉の湯」|館内・外画像
九州大分、天然掛け流しの秘湯七里田温泉「木乃葉の湯」|日本一!?
九州大分、天然掛け流しの秘湯七里田温泉「木乃葉の湯」|掲示板
九州大分、天然掛け流しの秘湯七里田温泉「木乃葉の湯」|トピックス
九州大分、天然掛け流しの秘湯七里田温泉「木乃葉の湯」|リンク
九州大分、天然掛け流しの秘湯七里田温泉「木乃葉の湯」|お問い合わせ

nifty温泉/七里田温泉「木乃葉の湯」関連の口コミなど
七里田温泉「木乃葉の湯」「下湯」関連の口コミをみる事が出来ます。

te

七里田温泉「下湯」

日本一の炭酸泉と言われる長湯以上の泡付とシュワシュワ感と噂される、人気の温泉、七里田温泉「下湯」パチパチと弾ける炭酸の泡と、サッパリ感、勿論天然掛け流しの本物!是非ともご入浴頂きたいお勧めの炭酸温泉です。

ご案内

七里田温泉は

大自然の懐に抱かれ、密かにたたずむ七里田の湯は、わずか100m足らずの距離をおいて、見た目も、入浴感も全く違う温泉が湧き出し、観光化も成されていない、まさに秘湯です。

初夏の頃に催される、くじゅうの山開きには、嘗て沢山の方がここを訪れ体を休めた物です。この時期の大船山(写真右側)の山頂付近には一面に鮮やかなピンク色のじゅうたんを敷き詰めたような、それは見事なミヤマキリシマの群生を見る事が出来ます。また1800m級の山ですから、初心者にも登り易く、高山植物を楽しむのにも最適な山々が目前に迫り、登山目的の方も多数訪れる土地でもあります。

ここに紹介する、七里田温泉館「木乃葉の湯」はもとより、古く太古の時代から沸き、長い間地元の人々の共同浴場として使われてきた、炭酸泉の「下湯」通称(ラムネの湯)は、源泉かけ流しの天然温泉で、日本の炭酸泉の中でも入浴適温に近い温度で、湧きだしたそのままの状態で、これ程の濃度の炭酸を含む物は珍しく、その素晴らしさを知った人は殆どがリピーターになると言われる程で、奇麗に透き通った、まさにソーダ水の様な高濃度炭酸泉です。

湯中の炭酸濃度を保つのはおおよそ40℃までが限界とも言われていますが、このお湯も例に漏れず、少々ぬるめなため、冬場は少し寒いと思いますが、夏場などはとても気持ちよく、入ったとたんにソーダやラムネをグラスに注いだ時のように体を包む細かい泡は一度経験すると病み付きになる事でしょう。又昔から胃腸などに良いとされ、飲用も出来ます。

元々地元の住民のみが使う共同浴場だったこの「下湯」ですが、今でも積極的な広告活動はして居ませんが、最近の温泉ブームや、炭酸泉のデトックス効果などが注目され、こうした情報を聞きつけた温泉ファン同士の口コミ、テレビなどの取材などもある事から、徐々にそのファンを広げています。

建物の老朽化などを理由に、地元では一時は閉鎖も考えられた様ですが、勿体無いと言う一部の少数意見を汲み、何とか閉鎖を免れたと言う経緯を持つ、まさに知られる事さえ無く消えたかも知れなかった、宝の様な秘湯です。どうしてもと言う方の声にお答えするために、残したこのお風呂も、是非七里田を訪れた際はお楽しみください。

木乃葉の湯にて鍵を借りて入浴出来ます、木の葉の湯管理人までお申し出下さい。
勿論かけ流しで、混合、加熱等もせず、源泉のままのかけ流し、湯量は毎分200gと言う透き通ったお湯が惜しげも無く浴槽より溢れています。本物をご存知の方にきっとご満足頂けることでしょう。

■木乃葉の湯

はっぱ館内外の写真

はっぱ 七里田温泉館「木乃葉の湯」
   TEL : 0974-77-2686  
   
はっぱ E-メールによるお問い合わせ

 
line_broun1
HOME/ご案内/MAP(アクセス)/館内・外の画像/日本一!?/掲示板/TOPICS/LINK/お問い合わせ
line_broun1

(C)Copyright 2000-2016 konoha.sichirida-onsen.com くじゅう/大分.